So-net無料ブログ作成
検索選択
- | 次の10件

マクドナルドの「内資化」? [トピックス]

【水】中国ビジネス最前線:マクドナルドの「内資化」?

1.進む外資系ファーストフード店の株式売却
10日に配信されたロイター記事を見て、驚いたことがある。
◆米マクドナルド、中国事業の大半をCITICとカーライルに売却
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170110-00000025-reut-bus_all

ケンタッキーフライドチキンも昨年米ヤムブランズからアリババを中心とした内資グループにバイアウトされて、全世界的なファーストフードチェーンは中国資本での運営が主体となってきた。

2.進む「内資化」、店内に変化の兆し
この売却話と共に、外資系ファーストフード店に変化が現れている。
キーワードは「IT化」と「雇用の増加」だ。

街中の客の流れが多い中心に店を構えていることの多いファーストフード店。
これまでの外資系ファーストフード店は、外資系の流れを汲み最小人数で多くの来店者をさばく「効率重視型」だった。

しかし中国政府は雇用の安定を目指すべく、これまでも極力店員の数を増やすよう求めてきた。
だが一方的に雇用を増やすだけでは、中国の雇用問題は簡単には解決しない。

日本や欧米ほど教育制度が充実しておらず、また職に就けない大半の労働希望者は義務教育すら満足に受けられずに社会に放り出される人々も多々いて、彼らは識字率が低いためにコミュニケーションが取れず、例えば「受けた注文の意味が分からない」や「お釣りの計算ができない」などの問題が発生する。

そこで考え出されたのが、「ITを駆使して、顧客に商品を自ら選び自ら決済してもらう」方法だ。
店員とのやりとりを介さず、顧客が自らの意思で商品を選び銀行カードやWECHATマネー等で決済してもらうことで、「物を運ぶ」「片付けをする」部分に特化して識字できない労働希望者も雇用することができるようになる。

またアルバイト中国語では小時工)を大量に活用することで、昼食や夕食等の混雑時でも、コストを抑えながら自動化され人が増えた際にも対応できる体制を取っている。

3.中国国内のニーズに即応できる体制
中国では日本と違い、雇用や企業の社会貢献などは中央政府の意向が大きく関与する事が多い。
外資のネームバリューやノウハウを生かしながら、いかに素早く中央政府の意向をキャッチアップして対応していくか、その先に行き着いた結果が「内資化」だったのではと思う。

弊社の強みも内資企業として、「フレキシブルな動きができる」事と「日本人としての心」を持って中国事業をサポートしていくことにある。
日本から進出される企業様のメリットを消さず、中国的変化に即応できるサポートをご提供していく事が使命なのだと、この記事を見て改めて感じた。

image.jpeg

image.jpeg

2016年中国映画興行成績ランキング [トピックス]

【月】何でもランキング:2016年中国映画興行成績ランキング

2016年映画興行成績ランキング

http://58921.com/alltime/2016」より掲載。

1位:美人魚(英名:マーメイド)<中> 33.9億元



中国屈指の名映画監督として知られる周星馳(チャウ・シンチー)監督の最新作。
封切り初日(2016/2/8)で興行成績が2億7千万元と史上初を打ち立てた超ヒット作。
制作費は調べたサイトによれば1.5億元なのだとか。

2位:疯狂动物城(英名:ズートピア)<米> 15.3億元

ウォルトディズニー作品。子供だけではなく大人からも支持されて2位にランクイン。

3位:魔兽(英名:ウォークラフト)<米> 14.72億元

呉彦祖(ダニエル・ウー)が本作品に参加したことで中国本土での公開がアメリカ本土よりも早まった。またゲーム作品の実写版(映画版)ということもあり、中国内では馴染みやすく興行成績が大きく伸びた。
日本でも2016/7/1に封切られている。

4位:美国队长3:英雄内战(英名:キャプテンアメリカ シビルウォー)<米> 12.46億元

キャプテンアメリカシリーズ三部作の完結編。
ハリウッドアクション超大作は中国でも根強い人気がある。

5位:西游记之孙悟空三打白骨精 <中> 12億元

撮影自体は2014年に終えているが、公開は2016年2月となった作品。
中国現代喜劇スターの趙本山に見出された小沈陽が出演していることで話題となった作品。
最遊記を題材に取り上げた作品で、アメリカでも封切られている。

6位:湄公河行动 <中> 11.81億元

2011年に金三角流域で起きた中国商船襲撃事件と、その船の積荷に90万粒もの毒物があると「濡れ衣を着せられた」中国が、特殊班を組織し事の実態と犯罪の真実を暴くストーリー。

7位:长城 <中> 11.32億元

張芸謀(チャン・イーモウ)監督の最新作で初のハリウッド作品となる。マット・デイモン主演、中国からは劉徳華(アンディ・ラウ)など豪華スター揃い踏みの作品となっている。

8位:澳门风云3 <中> 11.16億元

2016年春節映画として春節初日に封切られた「お正月映画」。
中国で今をときめく豪華キャスト揃い踏みで、劉徳華(アンディ・ラウ)、張学友(ジャッキー・チュン)、李宇春(クリス・リー)などが出演している。

9位:盗墓笔记 <中> 10.01億元

落ちぶれた作家がネタ探しのために、呉邪の骨董品店という場所を訪ねた。呉邪は店じまいをして街を出ようとしていたが、その前に家族の墓からある奇妙なものを取り出していくと言い出した。
そこでこの作家もついていく事にしたのだが・・・
おそらく中国人にしか分からないストーリー展開だが、「楽視網」で映画封切りと同時に有料ネットシアターとしても公開され幅広く視聴された作品。

10位:功夫熊猫3(英名:カンフーパンダ3)<米> 10億元

中国の至宝であるパンダを題材にしたハリウッドアニメ大作シリーズの第三弾。成龍(ジャッキー・チェン)や劉玉玲(ルーシー・リュー)、ダスティン・ホフマンやアンジェリーナ・ジョリーなど米中のスーパースターがアテレコを入れている超大作。
日本では劇場公開がなくネットフリックスのみの配信だった。

以上が興行成績TOP10でしたが、皆さんはいくつご覧になりましたか?
ちなみに私は…このランキングの中に入った映画は見る機会がありませんでした。
総合17位にランクインした「北京遇上西雅图之不二情书」を唯一みたくらいでした。

ちなみに日本アニメ映画としては久々の超ヒット作となった「君の名は。」は全体27位、5.73億元でした。

「中国ではコンテンツライツビジネスは成り立たない」などと言われることもありますが、
中国内でもきちんと権利関係を処理した上で大成功を収めている外国作品がたくさんあります。
特に映画やアニメなどは、本体作品のみならずグッズ関連などの副次的収入権利なども、
きちんとバンドルされてくる傾向にあります。
もし中国でコンテンツライツについてのご相談があれば、弊社には専門の配給会社にネットワーク
がありますので、いつでもご相談お待ちしております。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

偽物をなくすための努力 [トピックス]

【水】中国ビジネス最前線:偽物をなくすための努力

予定通り記事配信できず、本日水曜日分配信となりすみません。

【偽物をなくしたい中国国家】
最近お手伝いしている事業の中に、「中国追遡」というシステムを展開している会社がある。
商品に個体番号が入ったQRコードを添付して、微信(WECHAT)や専用アプリで読み込むと、
本物か偽物かが分かる、という仕組みだ。

中央政府が指定した機関がシステムを作ったのだが、消費者にとってメリットがある事を謳い利用を促すような仕組みになっている。その「謳い文句」がこうだ。
・QRラベルをスキャンする事で偽物ではない(あるいはすでにスキャンされていればそれは偽物)と瞬時に判別できる。
・もし偽物(と判定された)のQRラベルを電話かWEBで「通報」すると、報奨金(100元)が通報者に渡される。
・本物と証明されたQRラベルをスキャンした人も、毎回スキャンをする毎にポイントが貯まり、そのポイントと商品を引き換える事ができる。

つまり、スキャンして本物か偽物かを調査する「クセ」をつけると、現金や商品が手に入る仕組みを提供して、利用促進を図っている。
実は中国人はこうした「現金配布や商品交換方式のプロモーション」に滅法弱い。
普及はこれからだが、おそらく今後消費者にとってQRスキャンは一つの習慣化されていく事になるのではと思う。

【普及はすれど継続できない中国】
しかし、このシステムの普及で「偽物が中国市場から淘汰されるか」と言えば、それはNOだと思う。
政府が補助金投入などかなりの部分をバックアップしている事は間違いないが、あくまで民間企業(注:国家が指名した民間企業)の行う一事業なので、「このシステムを採用する・しない」は企業の判断に委ねられる。
中国ではビジネスモデルとして一般的な百貨店・スーパーなどの販売モデル以外にも、随意契約で一本釣りして事務用品やお土産などを大量購入してくれる企業が沢山あるからだ。
またシステムの普及で「儲かる!」と思った他者が五月雨式に参入して、消費者にとってどのQRを使えば本当に有益な情報が取れるか分からないようになる可能性も十分に考えられる。

【偽物を愛する人たちも一定数いる現実】
時流に乗るのが好きな中国市場なので、仕掛けが始まった今は物珍しさもあり普及率は高いと思うが、そこから先継続的に定着するか見ていくことが大事かと思う。
また、「偽物でも使えればそれで良い」と考える人たちがまだ沢山いることも、見逃してはいけない重要な点だと思う。
人民の支持が得られない事を中央政府が積極的に推し進めるとも考え難い。
現実的には「世界市場から信頼を得たいので偽物を淘汰したい」と「全ての中国人民に行き渡るためには、(最低限の品質さえ守られれば)価格の安い偽物が流通するのは致し方ない」という二つの考えに中央政府が板挟みになっていると思う。

【それでも一歩踏み出した中央政府】
それでも今回は「偽物の排斥」に向けて踏み出した中国は、一歩前進と言えるだろう。
企業側としても、「本物」をアピールする事で企業ブランドの向上に繋がるなど、ブランドイメージの構築の新たな手法になり得ると思う。

「上に政策あれば下に対策あり」の中国、まさかだが「偽物に本物と証明するQRコードが貼られている」なんて本末転倒な事が起きないようにだけは、願いたい所だ。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

中国人が日本での買物を好んだ理由 [トピックス]

【火】中国人的思考読解:中国人が日本での買物を好んだ理由

予定通りの記事配信ができておらず、すみません。

本日(1/12)のYahooニュース記事に、「空港型市中免税店の出店取り消し」を報じる記事があった。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170112-00000071-mai-bus_all

記事を見た瞬間に「やっぱりか」と思った。
訪日外国人の爆買い失速が原因との事だが、こうなる事は事前に予測できた。
何故なら中国人の買物の仕方を見れば分かる。
中国人には買物する基準と言うものがある。
一つは「どれだけ高くてもそこでしか買えないものを買う。」(=付加価値が高い)
もう一つは「中国でも買えるが、安い・信頼出来る(=偽物がない)など損得を検討すると日本で買うべきもの」
である。

つまり中国人の買物基準の中に、「日本製は(中国製より)優れている」という判断基準は重きを置かれていないのだ。

中国人がここ数年日本での購入が増えたのは単純に「円安元高」で得する材料が損するリスクを上回ったからであって、決して「優れた日本製」を求めた結果ではない事を理解すべきだと考える。

中国は景気失速の鈍化カバーを狙って今後も中国人の外貨使用や外国での消費に制限を設ける政策を取る傾向は変わらないと予想すべきで、訪日インバウンド政策は大きな転換期を迎えているように思う。

2016年自動車販売ランキング [トピックス]

【月】何でもランキング:中国車種別自動車販売BEST10

中国で発表されているあらゆるランキングをご紹介する「何でもランキング」。
今週は昨年1-11月の車種別自動車販売台数BEST10をご紹介します。

1位:大众朗逸(VW) 441,149台
フォルクスワーゲン(VW)の中国独自開発モデル。

2位:别克英朗(BUICK) 338,649台
2010年から販売されている息の長い車。

3位:大众捷达(VW) 332,210台
フォルクスワーゲンの代表作「JETTA」。
一部モデルは日本市場にも投入されている。

4位:日产轩逸(日産) 324,148台
日産シルフィー 2006年から発売。
名車「ブルーバード」の流れを汲む伝統ある車種。

5位:大众速腾(VW) 316,186台
2006年初代発売モデルから、北米市場にも投入されている。
前モデルはリコール問題で50万台近くがリコールされ問題となった車種でもある。

6位:大众桑塔纳(VM) 283,910台
中国でのフォルクスワーゲンを代表する車。
現在でも上海タクシーの多くがこの車種を利用。

7位:丰田卡罗拉(トヨタ) 279,078台
トヨタの代表車種「カローラ」がここにランクイン。
最新のフルモデルチェンジは2012年、第10代目。
天津や広州などトヨタ製造工場のある街のタクシーに一部採用されている。

8位:福特福睿斯(フォード) 266,083台
ヨーロッパや北米でも同名車種が発売されていたが現在の「エスコート」は中国市場のみ。
MT車がオフィシャル価格で10万元を切るなど価格も魅力。

9位:现代朗动(ヒュンダイ) 223,754台
ヒュンダイの中国市場における先駆的な車両「ランドン」。
日本では発売されていない。

10位:大众宝来(VW) 202,077台
フォルクスワーゲンの中国市場においてよく見かける車種「Bora」。
2016年にフルモデルチェンジし、「6.3L/100Km」という低燃費が売り。

上位10台中5台にフォルクスワーゲンが入る。
やはり人口の多い上海を基盤とするフォルクスワーゲンが強い。
日本車はTOP10にかろうじてカローラが入るだけとなった。
Yahoo!ニュースでは「日系車種販売400万台突破」と言っていたが、
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20170107-00000377-fnn-int
全体的には中国では小型の日本車より、大型のヨーロッパ車が好まれる傾向にある。

しかし今後は深刻な大気汚染などから「電気自動車」などの環境に強い車が
強く導入を推奨される可能性が高く、こうした分野に日本企業が如何にうまく戦略をつけて
中国市場に投入できるかが、更なるランキング浮上の鍵を握りそうだ。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

大阪商工会議所様でセミナー講演します [セミナー開催]

セミナー告知】3/14(火)「ネット販売」に関するセミナー講師を務めます。

3/14(火)14時より、大阪商工会議所にて、中国ネット販売に関するセミナーを行います。
当日は、中国ネット販売の現状から進出の方法、売り方のコツなどを実際の販売経験と中国在住16年の経験を元にお話致します。
当日は進出に関する御相談もお受けします。
詳細は追ってお伝え致します。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

本日よりこちらのブログに掲載します [お知らせ]

【お知らせ】So-netブログに移行します。

これまでフェイスブックに情報を直接書き込んでいましたが、
日替わりで書いている情報は今後全てこの「So-netブログ」に移行します。

早速本日より再び最新情報を書き込んでいきますので、よろしくお願いします。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事
- | 次の10件